【Switch/スイッチ】セーブデータの移行方法とユーザーデータの引っ越し方法

【Switch/スイッチ】セーブデータの移行方法とユーザーデータの引っ越し方法

【Switch/スイッチ】セーブデータの移行方法とユーザーデータの引っ越し方法

Nintendo SwitchからNintendo Switch Lightにしたり、2台目に買い替えたり、家族で共有して使っていたのを分けたりする時に、セーブデータやユーザーデータを引き継いで移行する方法を説明します。

コンテンツ [表示]

  1. 1Switchのセーブデータの移行方法が知りたい!
  2. 2Switchのセーブデータ移行のやり方は?
  3. 2.1セーブデータの引っ越し前にする準備
  4. 2.2設定からセーブデータの引っ越しで移動
  5. 2.3(補足)NintendoSwitchOnlineに加入するとセーブデータお預かり機能が利用可能
  6. 2.4※同じ本体ではセーブデータを移すことができないので本体が2台必要
  7. 2.5※セーブデータが移行できないソフトもある
  8. 2.6※セーブデータはSDカードには移行できない
  9. 2.7(補足)画像や写真はパソコンなどでmicroSDカードにコピーして移せる
  10. 3Switchのユーザーデータの移行のやり方は?
  11. 3.1ユーザーデータアカウントを移行する前にまず確認すること
  12. 3.2初回設定済みの本体に移行する場合
  13. 3.3初回設定がまだ済んでいない本体に移行する場合
  14. 4まとめ

Switchのセーブデータの移行方法が知りたい!

Photo by steamXO

Nintendo Switch(以下、Switch)をNintendo Switch Liteから買い替えた時など、なんらかの理由でゲームのセーブデータを新しいSwitchへと引き継ぎたいことなどがあるかと思います。

データの引継ぎ方法には「セーブデータだけを1つずつ移す方法」と「ユーザーデータとセーブデータの全てをまとめて移す方法」の2種類があります。それぞれの手順を説明します。

Switchのセーブデータ移行のやり方は?

Photo bykenyy

ユーザーデータやセーブデータの移行を任天堂の用語では「引っ越し」と呼称しています。セーブデータだけを1つずつ引っ越しする場合の手順を説明します。

セーブデータの引っ越し前にする準備

準備するもの

  • 引っ越す方と引っ越し先の両方のSwitch
  • 両方のSwitchの通信環境
  • 両方のSwitchのバージョンの一致
  • ニンテンドーアカウントのメールアドレスとパスワード
  • 両方のSwitchの充電
  • 引っ越し先のニンテンドーeショップでダウンロードソフト/追加コンテンツの再ダウンロード

引っ越しには、引っ越し元と引っ越し先の両方のSwitchが必要です。Switchを紛失して買い替えた場合などは、この方法でデータの引っ越しはできません。

本体のバージョンが同じ必要があるので、まずは2つとも本体の更新をして最新のものに合わせましょう。HOMEメニューの「設定」→「本体」→「本体の更新」でバージョンの更新ができます。

次に、ユーザーのニンテンドーアカウントで両方のSwitchにログインする必要があるので、アカウントのメールアドレスやパスワードが間違っていないか確認してください。

また、セーブデータを移行したいダウンロードソフトや追加コンテンツは、引っ越し先で再ダウンロードをしておく必要があります。

最後に、途中で電池切れにならないように充電ケーブルを接続した状態にしておきましょう。

設定からセーブデータの引っ越しで移動

引っ越しの手順

  1. HOME→「設定」→「データ管理」→「セーブデータの引っ越し」
  2. 引っ越し元と引っ越し先の本体を選択
  3. ニンテンドーアカウントへのログイン
  4. 引っ越すセーブデータを選択
  5. Switch同士の通信待機画面
  6. セーブデータの移行が完了

準備が完了したらセーブデータの引っ越しに移ります。この方法ではセーブデータを1つずつ移すことができます。

HOMEの「設定」→「データ管理」→「セーブデータの引っ越し」を選択します。両方のSwitchでやることになるので同時に進めたほうがいいでしょう。

「近くの本体同士で、セーブデータを送ります」という選択画面になるので、「ほかの本体へ送る」か「受け取る」かの当てはまる方を選んで次へ進みます。受け取る場合は、ここで通信待機画面になります。

「誰のセーブデータを送りますか?」というユーザー確認が入ります。この際ログインしていない場合は、ニンテンドーアカウントへのログインを求められるので、メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

セーブデータを送る方のSwitchで、どのデータを送るかを選択します。送られたセーブデータは本体からは消えますので複製などはできません。

「セーブデータを送る」をタップすると、通信待機画面になるので、受け取る方のSwitchが準備されていればデータ移行が開始されます。

以上で、セーブデータの引っ越しは完了です。

(補足)NintendoSwitchOnlineに加入するとセーブデータお預かり機能が利用可能

Nintendo Switch Onlineという公式のサポートに入会することで、セーブデータお預かり機能というサポートが受けられます。この機能は、本体がインターネットと接続されていると、自動的にセーブデータをバックアップしておいてくれます。

Switch本体を失くしてしまったりした場合などでもセーブデータを復元できる機能で、この機能を使ってSwitchから他のSwitchへとセーブデータを移すことも可能です。

Nintendo Switch Online サポート|Nintendo
Nintendo Switch Onlineに関するサポート情報をご案内します。

※同じ本体ではセーブデータを移すことができないので本体が2台必要

セーブデータはユーザーのアカウントに紐づけされているので、同じ本体の他のユーザーに引っ越すことなどはできません。

※セーブデータが移行できないソフトもある

NintendoSwitchOnlineのセーブデータお預かり機能は、セーブの自動バックアップをしてくれますが、ゲームによっては非対応でバックアップなどができないものも多くあるため注意が必要です。

対応していないソフトは、通信での交換やランキングがあるためバックアップから複製できたりしてしまうもの、複数のユーザーがデータを共有するもの、Switchではなくサーバーにデータを保存するものなどが該当しています。

対応しているかどうかはケース・公式サイト・ニンテンドーeショップなど、購入時に確認できるようになっています。
 

公式サイトではセーブデータお預かりが不可のソフトは以下を掲載しています。(2020年7月30日時点)

  • 1-2-Switch
  • スプラトゥーン2
  • ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ
  • ポケットモンスター ソード・シールド
  • あつまれ どうぶつの森

※セーブデータはSDカードには移行できない

マイクロSDカードを利用している場合、SDカードにゲームデータなどが保存されるので、それを次のSwitchに移せばセーブデータも移せるのではと考える人もいるかもしれません。しかし、ゲームデータと違いセーブデータはSDカードに保存することはできません。セーブデータは必ず本体側に保存されており、SDカードを使ってのセーブデータの引っ越しはできなくなっています。

また、他のSwitchに使う際にも認証する際にフォーマットをしなければなりません。中に入っていたデータは消えることになるので注意しましょう。

【Switch】「ユーザーとセーブデータの引っ越し」をする際、引っ越し元のmicroSDカードを、引っ越し先の本体に差して使うことはできますか?

(補足)画像や写真はパソコンなどでmicroSDカードにコピーして移せる

画像やスクリーンショットの写真などは、microSDカードに移してから、パソコンに接続することなどでコピーして移すことが出来ます。

2台目のSwitchにSDカードを流用しようとするとフォーマットが入ってしまうので、画像などを保存しておきたい場合は先にパソコンなどに移しておきましょう。

HOME→「設定」→「データ管理」から「画面写真と動画の管理」で画像の本体からの移動などができます。

Switchのユーザーデータの移行のやり方は?

Photo byInspiredImages

ユーザーデータの引っ越しを行うとセーブデータも一緒に引っ越しがなされるので、一括でデータを引っ越したい場合などはこちらを活用しましょう。

ユーザーデータアカウントを移行する前にまず確認すること

準備するもの

  • 引っ越す方と引っ越し先の両方のSwitch
  • 両方のSwitchの通信環境
  • 両方のSwitchのバージョンの一致
  • ニンテンドーアカウントのメールアドレスとパスワード
  • 両方のSwitchの充電
  • 引っ越し先のSwitchでダウンロードソフト/追加コンテンツの再ダウンロード

引っ越しには、引っ越し元と引っ越し先の両方のSwitchが必要です。Switchを紛失して買い替えた場合などは、この方法でデータの引っ越しはできません。

本体のバージョンが同じ必要があるので、まずは2つとも本体の更新をして最新のものに合わせましょう。HOMEメニューの「設定」→「本体」→「本体の更新」でバージョンの更新ができます。

次に、ユーザーのニンテンドーアカウントで両方のSwitchにログインする必要があるので、アカウントのメールアドレスやパスワードが間違っていないか確認してください。

最後に、途中で電池切れにならないように充電ケーブルを接続した状態にしておきましょう。

初回設定済みの本体に移行する場合

準備が完了したらユーザーデータの引っ越しに移ります。

引っ越しの手順

  1. HOME→「設定」→「ユーザー」→「ユーザーの引っ越し」
  2. 引っ越し元と引っ越し先の本体を選択
  3. ニンテンドーアカウントへのログイン
  4. Switch同士の通信待機画面
  5. 「本体が見つかりました」→「引っ越しをする」
  6. ユーザー情報とセーブデータの移行が完了

HOMEの「設定」→「ユーザー」→「ユーザーの引っ越し」を選択します。両方のSwitchでやることになるので同時に進めたほうがいいでしょう。

「ユーザーがでていく本体と、引っ越し先の本体を用意してください。この本体はどちらですか?」という選択画面になるので、当てはまる方を選んで次へ進みます。

ユーザーのニンテンドーアカウントへのログインを求められるので、メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

それぞれユーザーが出ていくSwitch本体と、引っ越し先のSwitch本体を用意してくださいという待機画面になるので、両方のSwitchをここまで進めましょう。

問題なく進められているなら、「出ていく/引っ越し先の本体が見つかりました」という画面に自動的に進みます。

「引っ越しをする」を選択するとデータ移行が開始されます。データの量にもよるでしょうが数分で終わります。

以上で、ユーザー情報とセーブデータの引っ越しは完了です。

初回設定がまだ済んでいない本体に移行する場合

Switchの電源を初めて付けた時、ゲームなどを始める前に初回設定をする必要があります。その際、ユーザーを設定する画面で「ほかのNintendo Switchから引き継ぐ」という項目が表示されるので、それを選択して引っ越しをすることもできます。

基本的には、設定メニューから手動で引っ越しをする場合と同様です。画面に表示される手順にそって進めていきましょう。

まとめ

Photo by steamXO

「セーブデータだけを1つずつ移す方法」では、セーブデータを1つだけSwitchから移動させることが出来るので、外出する際に2台目のSwitchへセーブデータを移して持っていくことができます。

「ユーザーデータとセーブデータの全てをまとめて移す方法」では、ダウンロードしたソフトや画像以外をまとめて引っ越すため、普段使いするSwitchを新調した時などに使います。

どちらも2台のSwitchがそろっていなければ使えない機能です。Switchを紛失してしまった時に使える機能ではないので、いざというときに備えてNintendo Switch Onlineのセーブデータお預かり機能でセーブデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。

ガメモ編集部
ライター

ガメモ編集部

ガメモの編集部が持ち回りで取材して記事書いています。


▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly
gamemotantei

geekly