メタバース転職|CGプロデューサーはメタバース業界に転職できる?

メタバース転職|CGプロデューサーはメタバース業界に転職できる?

メタバース転職|CGプロデューサーはメタバース業界に転職できる?

メタバース業界は急速に発展しており、CGプロデューサーの転職先としても魅力的な選択肢となります。本記事では、CGプロデューサーとしてメタバース業界へ転職することを検討している方に向け、その魅力や将来性・転職方法などについて詳しく解説していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1メタバース業界のCGプロデューサーとは?
  2. 1.1メタバース×CGプロデューサーの役割
  3. 1.2メタバース×CGプロデューサーの魅力
  4. 1.3メタバース×CGプロデューサーの年収
  5. 2メタバース業界のCGプロデューサーの将来性
  6. 2.1メタバース×CGプロデューサーの需要
  7. 2.2メタバース×CGプロデューサーのキャリアパス
  8. 3メタバース業界に転職するために必要なもの
  9. 3.1メタバース×CGプロデューサーに必須のスキル・資格
  10. 3.2メタバース×CGプロデューサーにあると便利なスキル・資格
  11. 3.3メタバース×CGプロデューサーに求められる人物像
  12. 4メタバース業界未経験でも転職できる?
  13. 5メタバース業界への転職活動とは?
  14. 5.1メタバース×CGプロデューサーの求人の探し方
  15. 5.2メタバース×CGプロデューサーの志望動機のポイント
  16. 6まとめ|CGプロデューサーとしてメタバース業界に転職しよう!

メタバース業界のCGプロデューサーとは?

メタバースとは、スマホやパソコンなどからアクセスできるオンライン上の仮想空間サービスの総称です。

アバターと呼ばれる自分の分身を介して、他のユーザーとコミュニケーションをとることができます。さらにはイベント開催やバーチャルオフィスとしてのビジネス利用、物の売買など、現実世界と同様に取引できる様々な活用方法が生まれています。

近年メタバースは大きく普及し注目度の高いサービスとなっており、大手企業も続々と参入しています。その状況下で、CGプロデューサーとしてメタバース業界への転職を検討している方も多いのではないでしょうか。

まずはメタバース業界においてのCGプロデューサーがどのような仕事なのか、役割・魅力・年収について解説します。

↓ メタバース×CGプロデューサーの求人はこちら ↓

CGプロデューサー候補求人|Web3.0に特化した転職支援サービス Web3.0 Jobs
外部サイトに移動します

Web3・メタバース領域への転職なら『Web3 Jobs』

Web3転職ならWeb3Jobs

メタバースについてわかりやすく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

あわせて読みたい
メタバースとは何か|超ざっくり・超わかりやすく解説のイメージ
メタバースとは何か|超ざっくり・超わかりやすく解説
話題のワード「メタバース」前回、メタバースとは?というテーマで、メタバースのイメージついてざっくり説明してまいりました。今回は、アメリカのマシュー・ポールさんの「メタバースの7つの条件」に触れながら、メタバースとは?を一段階深く解説していきます!
あわせて読みたい
「メタバース」とは何か?|初心者に向けて解説のイメージ
「メタバース」とは何か?|初心者に向けて解説
最近聞くことが多い単語「メタバース」ですが、この言葉の意味を正確に理解して語っている人は、意外と少ないのではないでしょうか?今回の記事では、「メタバース」の意味や、身近にある「メタバース」の世界、さらに今後の展望まで詳しく解説していきます!

メタバース×CGプロデューサーの役割

メタバース内の背景やアバターは主に3DCGで構成されています。メタバースの分野のCGプロデューサーは、そのCGにおいての総責任者です。

企業や制作規模・内容などによって求められる仕事は異なりますが、企画立案からスケジュールや予算の管理、チーム編成、制作進行の管理など、一連の流れを牽引します。

メタバース全体のクオリティーに責任を負う重要な役割となります。

メタバース×CGプロデューサーの魅力

Facebook社が社名を「メタ(Meta)」に変えるなど、メタバースは主に海外を中心に盛り上がっているイメージがあるかもしれません。

しかし、すでに国内でも多くの企業や自治体が参入し、新たなサービスが誕生し始めています。

とは言えまだまだ専門家は多くありません。今からメタバース業界にCGプロデューサーとして転職すれば、希少な人材として重宝されるでしょう。

メタバースの活用による新たな技術革新のリードポジションとして活躍できるということは、メタバース業界におけるCGプロデューサーの大きな魅力と言えます。

また、自ら手がけたコンテンツが一般ユーザーに浸透し、社会に影響を与えられることもやりがいとなるでしょう。

メタバース×CGプロデューサーの年収

求人サイトに掲載されているメタバース業界のCGプロデューサーの年収を見てみると、400万〜700万円の範囲が多いです。中には700万〜1000万円の求人も見られます。

CGプロデューサーの年収はスキルや経験・実績によって上がっていく傾向にあります。

そのため、元々そのポジションで働いている方の場合は、転職時にその経験が考慮され比較的高い水準の年収が見込めるでしょう。

また、下記リンク先のCGプロデューサー候補(アシスタントプロデューサー/AP)としての求人の年収は、400万〜600万円となっています。このようなポジションから経験を積み、CGプロデューサーとして年収アップを目指す道もあります。

↓ メタバース×CGプロデューサーの求人はこちら ↓

CGプロデューサー候補求人|Web3.0に特化した転職支援サービス Web3.0 Jobs
外部サイトに移動します

Web3・メタバース領域への転職なら『Web3 Jobs』

Web3転職ならWeb3Jobs

メタバース業界のCGプロデューサーの将来性

メタバース自体の将来性は非常に高く、その中でプロジェクトを一貫して統括するCGプロデューサーについても活躍のチャンスが大いに期待できます。

以下では、メタバース業界におけるCGプロデューサーの需要とキャリアパスについてご紹介します。

メタバース×CGプロデューサーの需要

米国に拠点を置く大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーが2022年6月に発表したメタバースに関するレポートによると、2030年にはメタバース市場における収益規模が5兆ドル(約650兆円)に達すると予測されています。

国内市場については、三菱総合研究所(MRI)が発表したレポートにおいて、2025年に4兆円程度、2030年には24兆円規模が期待されるとの研究発表がされています。

参考:
メタバースの価値創造 (Value Creation in the Metaverse)|McKinsey & Company
CX2030:バーチャルテクノロジー活用の場としての広義のメタバース|三菱総合研究所(MRI)

 

メタバースの将来性が期待できる要因の一つとして、汎用性の高さが挙げられます。

現在メタバースと言えば「Fortnite(フォートナイト)」や「VRChat」などのゲーム・エンタメ分野が注目されがちですが、ビジネスの分野でもメタバースの活用が広がっています。

メタバースの活用事例

  • バーチャルオフィス・オンライン会議
  • バーチャルライブ・バーチャルイベント
  • バーチャルストア

このような活用方法は、小売、ファッション、広告、音楽、製造、不動産、教育、医療、観光、金融など広い分野で応用され始めています。

メタバースに参入する企業・制作する企業の増加に伴い、メタバース制作におけるCGプロデューサーの需要もますます高まっていくでしょう。

↓ メタバース×CGプロデューサーの求人はこちら ↓

CGプロデューサー候補求人|Web3.0に特化した転職支援サービス Web3.0 Jobs
外部サイトに移動します

Web3・メタバース領域への転職なら『Web3 Jobs』

Web3転職ならWeb3Jobs

メタバース×CGプロデューサーのキャリアパス

メタバース業界におけるCGプロデューサーからのキャリアパスは、管理職としてはマネージャーや役員などの様々な道が考えられます

制作会社で多様なクライアントのメタバース制作に携わり知見を深めてきた方が、一つの事業・サービスを追求するために事業会社に転職するケースもあります。その逆のパターンもあるでしょう。

また、ゆくゆくはフリーランスとして独立する選択肢もあります。

メタバース業界はまだ発展途上であるため、将来的に重要なポジションを開拓するチャンスが期待できるでしょう。

メタバース業界に転職するために必要なもの

実際にCGプロデューサーとしてメタバース業界に転職するには何が必要なのでしょうか。

もちろん、求人によって必須要件・歓迎要件・求める人物像は異なります。

以下ではそれぞれを網羅的にご紹介しますが、応募したい求人に対して自分がマッチしているかどうかは求人ページの要件をよく確認しましょう。

メタバース×CGプロデューサーに必須のスキル・資格

メタバースのCGプロデューサーになるために、必ず取得しなければならない資格はありません。

特定の資格よりも、CG制作についてのスキル・経験が求められるでしょう。3DCGについての基本的な知識と、CGに関するプロデューサー/ディレクター経験は必須のことが多いです。

CG制作経験有りでプロデューサー経験は無しの場合は、下記リンク先のようなCGプロデューサー候補(アシスタントプロデューサー/AP)としての求人に応募し、CGプロデューサーを目指すことも可能です。

↓ メタバース×CGプロデューサーの求人はこちら ↓

CGプロデューサー候補求人|Web3.0に特化した転職支援サービス Web3.0 Jobs
外部サイトに移動します

メタバース×CGプロデューサーにあると便利なスキル・資格

必須ではないものの、メタバースのCGプロデューサーの業務に役立つ資格は存在します。

あると便利な資格

  • メタバースマスター検定
  • VR技術者認定試験
  • CGクリエイター検定

メタバースマスター検定は、2022年に開始した新しい民間の資格検定です。メタバース関連の資格自体がまだ珍しいため、こちらにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

メタバースにはVRを活用したものも含まれるため、VR技術者認定試験も選択肢として挙げられます。

また、以下のスキルもあるとなお便利です。

あると便利なスキル

  • ブロックチェーンやNFTに関する知識
  • 英語力

ブロックチェーン技術を導入したメタバースプロジェクトもあり、今後も増加していくことが予想されるため、その知識も持ち合わせていると役に立つでしょう。

英語力も、CGプロデューサーの求人の歓迎要件によく記載されているスキルです。

メタバース×CGプロデューサーに求められる人物像

転職においては、要件をクリアしているだけでなく、企業の求める人物像に合致しているかどうかも重要なポイントです。

メタバースのCGプロデューサーに求められる人物像として挙げられるのは、以下の通りです。

求められる人物像の例

  • メタバースやVRへの興味・関心がある
  • 最新のトレンドとテクノロジーへの理解がある
  • コミュニケーション能力がある

メタバースやVRへの興味・関心がある

CGプロデューサーはメタバースのCG制作を統括する立場なので、当然メタバースやVRへの強い興味・関心が求められます。

最新のトレンドとテクノロジーへの理解がある

メタバース制作は常に進化しています。CGプロデューサーは、最新のトレンドやテクノロジーに対する理解を持ち、新しいツールや技術を積極的に学ぶ姿勢が求められます。

コミュニケーション能力がある

メタバース制作に限らず、CGプロデューサーはチームをまとめたり正確に意図を伝えたりするコミュニケーション能力が非常に大事です。

メタバース業界未経験でも転職できる?

メタバース業界未経験のCGプロデューサーでも、メタバース関連の求人へ応募し転職することは可能です。

メタバース業界での経験が必須要件となっている求人はほぼ見られません。他業界でもCGプロデューサーとしての経験があれば、十分そのスキルを活かすことができます。

とは言え、メタバースに関する最低限の知識は身に付けておくべきでしょう。

書籍や資料、ネットから情報収集することをおすすめします。実際にメタバースを利用し、全体像を理解することも大切です。

メタバース業界への転職活動とは?

メタバースにおけるCGプロデューサーの転職活動は、一般的な転職活動と同じように、求人の探し方や応募方法を把握することから始めます。

以下では、求人の探し方志望動機のポイントについて解説していきます。

メタバース×CGプロデューサーの求人の探し方

Web3・メタバース領域に特化した求人サイト・転職支援サービス、またはメタバース関連のプロジェクトに携わっている企業のサイトなどから求人情報を収集し、応募先を選定します。

求人サイトに希望の求人が掲載されていなくても、「Web3.0 Jobs」などのWeb3・メタバース領域特化の転職支援サービスで相談することで、企業とマッチングできる可能性があります。

「Web3.0 Jobs」では、求人の紹介だけでなく様々なサポートが受けられます。

職務経歴書や面接に関しての客観的なアドバイスや、条件面の代理交渉などに対応してくれるため、転職を有利に進めることができます。

↓ メタバース×CGプロデューサーの求人はこちら ↓

CGプロデューサー候補求人|Web3.0に特化した転職支援サービス Web3.0 Jobs
外部サイトに移動します

Web3・メタバース領域への転職なら『Web3 Jobs』

Web3転職ならWeb3Jobs

メタバース×CGプロデューサーの志望動機のポイント

履歴書や職務経歴書などの応募書類を準備する上で、志望動機は最も重要な項目の一つです。応募する企業ごとに、以下のポイントを意識して簡潔にまとめましょう。

志望動機に書くべきポイント

  • その企業でなければいけない理由
  • 経験・スキルをどのように活かすか
  • メタバースについての強い興味・関心や学習意欲

その企業でなければいけない理由

その企業を志望した理由について説得力のある内容を書けるよう、企業の事業内容やビジョン、業務内容についてしっかりと調べて理解を深めましょう。

その上で、自分の軸やキャリアビジョンなどとの接点を見出していく必要があります。

経験・スキルをどのように活かすか

自分のこれまでの経験・スキルを転職先でどのように活かせると考えているか、根拠となる過去の実績やエピソードをもとに具体的かつ簡潔に書きましょう。

メタバースについての強い興味・関心や学習意欲

メタバースに関する知見があること、メタバースプロジェクトへの参加実績があることなど、メタバースに関する知識や経験があれば盛り込みましょう

メタバース業界未経験であっても、興味・関心が強いことや、今後も積極的に学習やキャッチアップを行なっていきたいということをアピールしましょう。

まとめ|CGプロデューサーとしてメタバース業界に転職しよう!

メタバースは今後も急速に発展し、ますます注目を集める魅力的な分野です。

CGプロデューサーは、メタバースに欠かせないCG制作を統括する重要な存在として需要が高まることが予想され、将来性も期待できるでしょう。

メタバースに興味を持ち転職を考えているCGプロデューサーは、ぜひメタバースに特化した求人サイトや転職支援サービスを活用してみましょう。

↓ メタバース×CGプロデューサーの求人はこちら ↓

CGプロデューサー候補求人|Web3.0に特化した転職支援サービス Web3.0 Jobs
外部サイトに移動します

Web3・メタバース領域への転職なら『Web3 Jobs』

Web3転職ならWeb3Jobs
紺アヤメ
ライター

紺アヤメ

2017年頃の仮想通貨バブル期より、ブロックチェーンや仮想通貨に関わってきました。 2021年頃からNFT・Web3に興味を持ち、情報収集を続けています。 私自身、新しいトレンドに興味津々なので、より多くの方にも新しい発見と喜びをお届けできるよう頑張ります。 好きなものはパンダと映画、得意なことはデザインやイラストです。爬虫類とハムスターと暮らしています。

Web3・メタバース領域への転職なら『Web3 Jobs』

Web3転職ならWeb3Jobs

おすすめの記事

Recommended Articles
  • 『Web3のハブ』として進化する 『THE LAND 〜エルフの森〜』の目指す先【Web3インタビュー】HashPalette様

    2023.03.27

  • 『小さなチームでも勝負ができる』13人が1年半で開発したヒット作『麺屋ドラゴンラーメン』の実例を語る

    2023.04.28

  • グリーグループが挑むVTuber事業 長期的視野でチャレンジを続けるREALITY Studiosの魅力

    2023.06.05

★新作タワーディフェンス「ディフェンスダービー」配信中!★

KRAFTON様 インタビュー


★VTuberタレントマネージャー職・運営ディレクター職募集中★

REALITY Studiosインタビュー

★Web3領域への転職なら『Web3 Jobs』★


Web3転職ならWeb3Jobs