【NFTゲーム】Matr1x社が14億の融資を集める!注目のNFTゲーム会社の情報まとめ

【NFTゲーム】Matr1x社が14億の融資を集める!注目のNFTゲーム会社の情報まとめ

【NFTゲーム】Matr1x社が14億の融資を集める!注目のNFTゲーム会社の情報まとめ

シンガポールのスタートアップであるMatr1x社は、NFTゲームを制作する次世代のゲーム会社です。まだ正式にリリースした作品はありませんが、ベータ版として発表された「Matr1x Fire」は大きな注目を集めました。また、同じ世界観を持つ複数のゲームを制作中で、投資家からも関心が集まっています。

11月までには、総額およそ28億円もの融資を受けているMatr1x社。その魅力はどこにあるのかをまとめました。

コンテンツ [表示]

  1. 1Matr1x社が10億円以上の融資を受ける!どんな企業?
  2. 2Matr1x Fireはどんなゲーム?どんなことができる?
  3. 3融資の詳細。何が注目を集めた?
  4. 4まとめ

この記事のポイント

  • Matr1x社はどんな企業?
  • 「Matr1x Fire」はどんなゲーム? 何ができる?
  • 融資を集められた理由や魅力は?

Matr1x社が10億円以上の融資を受ける!どんな企業?

Matr1x社のイメージ画像

『Matr1x』公式サイト(https://matr1x.io/)から引用

11月27日、シンガポールを拠点とするゲーム企業Matr1x社が、14億円以上の融資を受けたことがわかりました。まだ正式にリリースされている作品はありませんが、これまでの融資の総額は28億円を超えており、極めて注目度が高いことがうかがえます。海外のメディア、PocketGamer.bizや、decryptが伝えています。
参考:
NFTs incoming: Matr1x doubles funding to $20M ahead of its debut Web3 mobile lau | Pocket Gamer.biz
Game Studio Behind Matr1x Fire Raises $10 Million for NFT Mobile Shooter | Decrypt

Matr1x社は、ブロックチェーン技術を活用した次世代のNFTゲームを制作する、シンガポールのスタートアップ企業です。2023年にベータ版で公開された「Matr1x Fire」は、スマートフォンでプレイでき、NFTを活用して楽しめる高クオリティなFPSゲームです。

NFTについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
 

【Web3用語集】NFTとは?|分かりやすい動画と書籍まとめのイメージ
【Web3用語集】NFTとは?|分かりやすい動画と書籍まとめ
最近流行の「メタバース」ですが、それと同時によく話題となっている「NFT」について、その定義や使い方、活用方法などをわかりやすく解説してきた記事のまとめです。より深い理解への参考となるだろう動画や、書籍なども紹介しています。


NFTは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、ブロックチェーン上に記録される代替不可能なデジタルデータのことを指します。従来、音楽や画像などのデジタルデータに資産価値を認めるのは困難でした。こうしたデータは簡単に複製できてしまうので、オリジナルの資産としては所有権の証明が難しかったのです。ですが、NFTに紐づけられた画像や音楽などは、コピーされても複製品であるか判別することができます。そのため、デジタルデータを唯一無二の価値を持った資産として所有でき、より効率的に透明性のある取引も行えるようになりました。

 

特に芸術や金融といった領域で活用が進んでいるほか、ゲームの世界でもNFTの導入例が増えています。NFTを取り扱うゲームは、通称NFTゲームやブロックチェーンゲームと言われ、その新しい可能性から関心が集まっています。ゲーム内で得られるNFTを市場で取引して収益を得るなど、新しい経済圏を作ることができるのです。

Matr1x社は、そうしたNFTゲームを制作する、次世代の新興企業です。同社がどのようなゲームを作っているのか、初作品である「Matr1x Fire」を通して見てみましょう。

Matr1x Fireはどんなゲーム?どんなことができる?

「Matr1x Fire」はMatr1x社が最初に制作したFPSゲームです。5vs5のチーム戦ができるほか、バトルロイヤルモードなども実装予定で、幅広い楽しみ方ができます。基本プレイ無料で、AndroidとiOSに対応しており、スマートフォンでプレイできます。

「Matr1x Fire」では、多数のゲーム内アイテムがNFTとなっています。キャラクターのアバターやプロフィール画像、武器のスキンから、バッジやグローブといった装飾品、土地といったものまで、幅広い種類のNFTがあります。また、所持していると宝箱などの特典や、ゲーム内での特権を得られるアイテムもあるとのことです。

Matr1x Fireの武器スキン

『Matr1x』公式ホワイトペーパー(https://matr1x.gitbook.io/matr1x-whitepaper/4.-nft/weapon)から引用

これらのNFTはステータスには影響せず、見た目だけの変更なので、課金していなくても同条件で楽しめます。

取得したNFTは、NFTの売買ができるマーケットプレイスのOpenseaで売買できます。

Openseaについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

【Web3用語集】OpenSeaとは|意味や解説のイメージ
【Web3用語集】OpenSeaとは|意味や解説
Web3.0とよばれるITの話題の中で、意味がわからない専門用語はありませんか。この記事では電子データの権利についての新しい形であるNFTに関わる話題で頻出される「OpenSea(オープンシー)」という単語について、意味や定義を解説していきます。

『Matr1x』公式Opensea:https://opensea.io/Matr1xOfficial

「Matr1x Fire」から配布、発売されたNFTコレクションは、どれも注目を集めています。先日は、Matr1x公式から、「KUKU」というNFTコレクションが発売されました。

KUKU NFTの画像

『MATR1X KUKU』公式コレクションページ(https://opensea.io/collection/matr1x-kuku)から引用

「KUKU」を所有していると、ゲーム内で多くの特権を得ることができます。例えば、「KUKU」を所有している状態でクエストをクリアすると、「KUKU」のレベルが上がり特別な報酬を得ることができます。また、Matr1x社は将来、ゲーム内のNFTをプレイヤーが制作する、「クリエイターエコノミー」を実現することを目指しており、「KUKU」はその際に特権として使える見込みです。

現在は「Matr1x Fire」のみで使用できるNFTですが、将来はMatr1x社のほかのゲームでも「KUKU」が機能する予定です。

合計6,666個の「KUKU」NFTが作られ、現在も取引が行われています。こちらのリンクから、「KUKU」のより詳しい情報を得られます。

E-スポーツのイメージ画像

『Matr1x』公式サイト(https://matr1x.io/)から引用

「Matr1x Fire」はeスポーツシーンへの進出も目指しており、大会の開催などが企画されています。NFTとeスポーツシーンが融合することで、新たなエンターテイメントの在り方が見られるかもしれません。

融資の詳細。何が注目を集めた?

投資のイメージ画像

今回の融資は、「Matr1x Fire」の正式リリースおよび、次のゲームの開発のために用意されたものです。Matr1x社は現在、MMORPGの「Matr1x WAR」と、メタバースの「Matr1x Evolution」の開発を進めています。
 

製作中のゲーム

  • FPSゲーム「Matr1x Fire」
  • 複数人で協力プレイができるMMORPG「Matr1x WAR」
  • オープンメタバースプラットフォーム「Matr1x Evolution」

これらのゲームは同じ世界観を共有しているだけではなく、同じNFTを共通で使用できる見込みです。複数のゲーム間で共有のNFTを流通させる、という新たな試みで、さらなる経済圏の活性化が期待されます。

こうした魅力的なビジョンもあり、多くの投資家がMatr1x社に関心を持っています。11月23日にMatr1x社が公式X(旧Twitter)にて投稿したポストでは、シンガポールのSeven Venturesや中国のFolius Venturesといった団体から、1,000万ドルの投資が集まったことが報告されました。

これまでMatr1x社は韓国のHana Financial Investmentといった団体からも1,000万ドルの融資を受けており、その合計は2,000万ドル、日本円にして28億円以上にもなります。特にアジア圏で、Matr1x社が大きな注目を集めていることがわかります。

Folius Venturesの創業者、Jason Kam氏は、以下のようなコメントをしています。

Matr1x社は、ゲーム業界の未知の領域を開拓する、大きな可能性を秘めています。Matr1x社は、洗練された方法でバランスを取ろうとしています。うまくいけば、Web3の衰退を完璧に防げるでしょう。規模を拡大し、多くのマーケットにアピールして、持続的に利益を上げられるようになるかもしれません

(筆者翻訳)

特に、長期的な利益が期待されていることがわかります。Matr1x社の戦略が、より大きな規模で関心を集めて、将来的に大きな市場を作る可能性があると見られているのです。

まとめ

Matr1x社のイメージ画像

Matr1x社公式Xのポスト(https://twitter.com/matr1xJP/status/1687108170609750016)から引用

Matr1x社への融資の情報と、Matr1x社がどのような企業なのかについてまとめました。

次世代の技術であるブロックチェーン技術やNFTは、ゲームの世界でも活用が広がっています。

複数のゲームでNFTを共有するというビジョンを掲げるMatr1x社は、ブロックチェーン技術を利用した新しいゲームの形を提示しようとしています。その可能性が認められ、Matr1x社は多くの融資を受けています。

大きなポテンシャルのあるMatr1x社と、NFTゲーム業界に注目です。

neru
ライター

neru

大学生時代に英文学を専攻していたライターです。学生時代からゲームやVtuberといった領域に興味を持っており、情報収集をしてきました。現在は英語のスキルを活かしつつ、英語×エンタメ最新領域を掛け合わせたリサーチ活動や、記事執筆を行っています。好きなものはラーメン、サッカー観戦、音楽鑑賞。

リンクと画像の例

Risdom事前登録受付中!

Sample Image

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」日本上陸!

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」