Switchのコントローラーの不具合や故障の修理方法と費用は?

Switchのコントローラーの不具合や故障の修理方法と費用は?

Nintendo Switchはコントローラースティックが操作していないのに勝手に動いてしまう「ドリフト」という現象が多く報告されています。そのような不具合、故障してしまったたときの修理の方法を調べてみました。

Switchのコントローラーの不具合や故障、反応しない場合の修理方法は?

Nintendo Switch(以下、Switch)のコントローラー「Joy-Con」や「Proコントローラー」に不具合や故障が起きた場合の修理方法を紹介します。

Switch(スイッチ)のコントローラーのスティックが勝手に動く原因と修理方法は?のイメージ
Switch(スイッチ)のコントローラーのスティックが勝手に動く原因と修理方法は?
Nintendo Switchのコントローラーのスティックが勝手に動いてしまう現象が時々発生しています。コントローラーが故障する3つの主な原因や、壊れてしまった時にSwitchのコントローラーを安く修理できる方法もご紹介します。

正規店に修理依頼をする

確実な方法は、公式に連絡して修理依頼を出すことです。時間はかかりますが、確実に不具合や故障が修理されて返ってきます。また、保証が続くので再度の不具合にも対応してもらえることが利点です。

修理のご案内|Nintendo

非正規店で修理してもらう

町の修理屋などプロの方に修理を頼む方法もあります。こちらは、郵送する手間などがないので、場合によっては修理を頼んだその日のうちにまた遊べるようになることが期待できます。

自分で修理する

自力で修理する方法もあります。工具などが必要な場合もありますが、用意してしまえばまた故障してしまったときに再度使えるので費用はかかりません。

非正規店での修理と同じように、分解してしまうと公式での修理のサポートが受けられなくなってしまう可能性がありますので、注意しましょう。

任天堂公式でSwitchのコントローラーの修理にかかる費用や方法・日数は?

任天堂の公式サポートで修理を依頼する場合、その手順やかかる費用、どれくらいの日数がかかるのかを紹介します。

修理の参考価格 Nintendo Switch|サポート情報|Nintendo

保証期間なら無料

製品を購入してから1年間が保証期間となっており、この間は修理は無料で受けることができます。たとえ保証欄の書き込みがされてなくても、保証書と購入時のレシートがあれば対応してもらえる可能性があるので確認してみましょう。

【修理】保証書に、販売店舗印や購入日の記載がありません。保証期間内に修理をする場合、どうすればよいですか?|Nintendo

製品の状態によって有料になる場合も

保証期間の間であっても、製品の状態によっては有料で修理となってしまう場合があります。著しい損傷や、分解した後がある場合などです。公式のサービス規程をよくよんで、該当していないか確認しましょう。

修理サービス規程/保証規定|Nintendo

2回目以降の修理の価格

1年の保証期間が終了している場合でも、修理してから3か月以内で、同じ個所の故障なら無料で修理してもらえます。それ以上の期間が開いている場合は、初回と同じく費用がかかります。

保証期間後の修理にかかる値段

1年の保証期間が終了している場合でも、修理してから3か月以内で、同じ個所の故障なら無料で修理してもらえます。それ以上の期間が開いている場合は、初回と同じく費用がかかります。

修理品を郵送する

保証書の期間内なら、「クロネコヤマト」「日本郵便」の着払い宅配便で郵送することができます。期間が切れてる場合は、運送業者の指定はなく自己負担での郵送となっています。

【修理】修理品の送料を知りたい。|Nintendo

オンライン修理予約なら割引特典も

公式にあるオンラインサポートで修理を予約をすると修理代金が5%割引される特典があります。また、メールで状況を知れたり、修理品を送った後の受付がはやく対応してもらえるので、おすすめの手段です。

次のページ

非正規店でSwitchのコントローラーの修理にかかる金額や日数は?

関連記事

人気記事