『Florence』ひとりの少女の半生を描いたインタラクティブムービー【おすすめインディーゲーム】 - ガメモ

『Florence』ひとりの少女の半生を描いたインタラクティブムービー【おすすめインディーゲーム】 - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

2020年2月13日にNintendo Switchから発売されるインディーゲームの中から注目のゲームを紹介します。今回紹介するのは「Florence」。2018年にAndroidtoいOSから発売されたタイトルですが、いよいよNintendo Switch版が登場です。

『Florense』あらすじ

25歳のフローレンス・ヨーは、行き詰まりを感じています。彼女の毎日は終わりのない仕事、睡眠、そしてソーシャルメディアに時間を喰われることの繰り返し。しかしある日、クリシュという名前のチェリストに出会い、それは彼女の世界観をガラリと塗り替えることになります。

プレイヤーは、カスタムメイドのミニゲーム・エピソードを通して、フローレンスとクリシュの関係を、一鼓動づつ体験していきます。出会ったあとの誘惑から、訪れる衝突、お互いの成長を刺激し合い、やがてさまよう心…。実生活の一片を描写したグラフィック小説やウェブコミックにインスピレーションを得た『Florence』は、親密で生々しく、個人的なゲームです

彼女の人生の物語

こちらのタイトルは、主人公のフローレンスという名前の少女の人生の一時期を体験することができるインタラクティブムービーです。このタイトル、プレイヤーがやるべきことは簡単なミニゲームだけで、そのミニゲームも葉を磨いたり、SNSに「いいね」を付けたり、ポラロイド写真を手早く振って早く写真を現像するといったものばかりで、クリアが難しいものではありません。
しかし、このミニゲームが演出となってフローレンスの心情を表します。
チェリストのクリシュと出会った直後は二人で話すシーンで表示されるパズルはピースが多く、言葉を選んで繋いでいるイメージですが、仲良くなるにしたがってピースが減っていき、あまり考えずに返事をしているイメージになります。

こうして簡単なミニゲームをプレイしながら、退屈な日常を過ごしていた彼女にどんな事が起こったのかを見ていきましょう。

『Florence』はスマホ版が配信された時に話題になったのですが、「スマホのゲームは無料」という謎の常識のため、実際にプレイをした人は少なかったようです。ただプレイした人は簡単なミニゲームに1時間程度のボリュームで、内容は普通の女性の人生のある時期のはなしというなんでもない物語にも関わらず大絶賛でした。

このタイトルは、普段ゲームをプレイしない女性や、なんとなく1日を過ごしてしまった人にオススメの一本です。

『Florence』

価格:700円(税込)
プラットフォームNinten:do Switch
メーカー:Annapurna Interactive
ジャンル:アドベンチャー
配信日:2020年2月13日
対応言語:日本語, ポルトガル語, 英語, スペイン語, フランス語, ドイツ語, イタリア語, オランダ語, ロシア語, 韓国語, 中国語 (簡体字), 中国語 (繁体字)
Nintendo e shop 販売ページ:https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000027592

【おすすめインディーゲーム】『夕鬼 零 -Yuoni: ゼロ-』90年代の日本が舞台の追体験ホラーノベル
『Mosaic』ノルウェー産 現実逃避したサラリーマンが見つける世界の真実とは!?【おすすめインディーゲーム】
『To the Moon』老人の「月に行きたい」という夢を叶えよう【おすすめインディーゲーム】
【おすすめインディーゲーム】『コーヒートーク』ローファイ・ヒップホップをBGMにシアトルのカフェで味合う多様性のストーリー

 

 

関連記事


週刊Vtuber

人気記事