【Switch/スイッチ】オープンワールドのおすすめゲームソフト19選!新作や無料など

【Switch/スイッチ】オープンワールドのおすすめゲームソフト19選!新作や無料など

大量の容量を必要とするため、携帯ゲーム機ではなかなか作られてきませんでしたが技術進歩の結果、携帯機でも手軽にオープンワールドゲームが遊べるようになってきました。この記事では、Nintendo Switchで発売されているオープンワールドゲームを紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1Switchのオープンワールドゲームとは?
  2. 1.1オープンワールドゲームの定義
  3. 1.2オープンワールドゲームの元祖
  4. 2Switchのオープンワールドゲーム【アクションRPG】
  5. 2.1ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  6. 2.2ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション
  7. 2.3The Elder Scrolls V: Skyrim
  8. 2.4Dragon's Dogma DARK ARISEN (ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)
  9. 2.5The Outer Worlds(アウター・ワールド)
  10. 2.6アサシン クリード リベルコレクション
  11. 2.7アサシン クリード オデッセイ
  12. 2.8Xenoblade Definitive Edition (ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション)
  13. 2.9ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島
  14. 2.10レゴシティ アンダーカバー
  15. 3Switchのオープンワールドゲーム【シューティング】
  16. 3.1スターリンク バトル・フォー・アトラス
  17. 3.2Warframe
  18. 4Switchのオープンワールドゲーム【車・レース】
  19. 4.1Burnout™ Paradise Remastered(バーンアウト パラダイス)
  20. 4.2マッドランナー:アメリカン・ワイルド
  21. 5Switchのオープンワールドゲーム【サンドボックスゲーム】
  22. 5.1Minecraft(マインクラフト)
  23. 5.2キューブクリエイターX
  24. 5.3テラリア
  25. 6Switchのオープンワールドゲーム【サバイバル・アドベンチャー】
  26. 6.1PixARK(ピックスアーク)
  27. 6.2L.A.ノワール
  28. 7まとめ
「テラリア」Switch販売ページ

Switchのオープンワールドゲーム【サバイバル・アドベンチャー】

Photo byFree-Photos

ここでいう「サバイバル」とはサバイバルゲーム(通称サバゲ―)とは違い、大自然の中を身一つで生き抜くというサバイバルです。マインクラフトなどもサバイバルゲームといえますが、よりリアルで食事や水分補給・体温の維持などの要素があるシビアなゲームのことです。オープンワールドによくあるランダムなマップ形成やイベントとの相性が良いゲーム性です。

アドベンチャーゲームは、テキスト・情報量が多く、与えられた情報から正しい答えを導き出す推理要素や、決められたストーリーの決められた選択肢の中から正解を選んでいくゲームです。オープンワールドゲームとしてはサンドボックスとは違い、決められたストーリーをなぞっていくため完全な自由とはいきません。しかし、限られた中での自由度はプレイヤーが思考して答えを出すという種類の快感があるため、一概にオープンワールドと相性が悪いゲームとは言えません。

PixARK(ピックスアーク)

「ARK: Survival Evolved」というオープンワールドゲームがピクセルボックスで形成されている四角い角ばった世界になった作品。ピクセル(Pixel)のARKで「PixARK」です。

「ARK: Survival Evolved」は恐竜がはびこる島でのサバイバルをするサンドボックス系ゲームです。サンドボックス系ですが、食料や水分がなくて死んでしまいますし、肉食恐竜がこちらに気付けば積極的に襲ってきたり、まさしく「サバイバル」という感じです。建築で安全地帯を作ろうにもかなりの素材を要求されることになり、全体的にハードな難易度のゲームに感じますが、難易度の設定ができるので初心者でも遊びやすくなっています。

登場する恐竜はすべてペットとして仲間にすることができ、戦わせたり背中に乗ったりすることができます。サバイバル系ゲームの常として初見殺しなど対応できない序盤が難しめですが、慣れてくると楽しい要素が増えてきてのめりこむゲームです。

タイトル PixARK(ピックスアーク)
開発元/運営元 スパイク・チュンソフト
価格 5,500円+税
容量 3.1GB
配信日 2019年7月4日

「PixARK(ピックスアーク)」公式ホームページ
「PixARK(ピックスアーク)」Switch販売ページ

L.A.ノワール

2011年にXbox・PS3で発売されたゲームのリマスター版です。1940年代世界大戦直後のアメリカ、L.A(ロサンゼルス)を舞台にしたオープンワールドで、ノワールは当時はやっていた犯罪映画のジャンル「フィルム・ノワール」からきています。

コール・フェルプスという刑事を操作し、ロサンゼルスでおこる様々な事件を解決していくのがおもなストーリーです。当時実際におこった事件をモチーフにしたものなどもあり、作りこまれたキャラクターや街並み、BGMなどもあいまって当時の空気を体験することができます。

特徴的な要素として、事件捜査で容疑者や目撃者を尋問する時、「キャラクターの表情から嘘をついているか本当のことを言ってるかなどを推理する」という珍しいシステムがあります。キャラクターのグラフィックは実際の役者から表情をスキャンして作られており、非常にリアルで繊細なグラフィックです。尋問で揺さぶりをかけた時の表情の移り変わりは、まるで刑事ドラマをみてるような臨場感を味わえます。

またSwitch移植の際に手間もかかっており、タッチスクリーン操作などを多く取り入れたりと遊びやすくなるような工夫がなされています。
 

タイトル L.A.ノワール
開発元/運営元 テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
価格 4,990円+税
容量 27.5GB
配信日 2017年12月7日

「L.A.ノワール」公式ホームページ
「L.A.ノワール」Switch販売ページ

まとめ

ゲーム機やパソコンの技術的な進歩の結果グラフィックなどの進化により、ゲームの容量はどんどん大きくなってきています。オープンワールドゲームはそのなかでも特に容量を必要とするゲームで、プレイ時間も長くなりがちです。Switchという携帯ゲーム機で遊べるようになったことで、移動中の隙間時間などに遊ぶことができるようになったり、高性能なパソコンを必要としなくなったりと手軽に遊ぶことができるようになってきました。やればやるほど奥深いゲーム体験となるので、必要プレイ時間で気後れせずにぜひ手に取って楽しんでみてください。

ガメモ編集部
ライター

ガメモ編集部

ガメモの編集部が持ち回りで取材して記事書いています。

関連記事


Android

iOS

人気記事