はじめてのCrypto Spells(クリスペ)|おすすめポイント・面白いポイントはここだ!

はじめてのCrypto Spells(クリスペ)|おすすめポイント・面白いポイントはここだ!

TCG(トレーディングカードゲーム)に触れたことはありますか?
カードを集めて相手とバトルをしたり、レアカードを探して見つけ出すなど、色々と楽しみ方はありますよね。
ですが、中には私のようにTCGの経験が浅く、「スマホのカードゲームならあるよ」といった人もいると思います。
今回紹介するNFTカードゲーム「クリプトスペルズ(クリスペ)」は、TCGとカードゲームの両面の性質を持っています。
今回の記事では、TCGに対して経験の量関係なく幅広く楽しめる「CryptoSpells、(クリスペ)」について、実際にやってみての魅力を紹介していきます!

コンテンツ [表示]

  1. 1クリプトスペルズについて
  2. 1.1クリプトスペルズとは?
  3. 1.2NFTについて
  4. 2実際にプレイしてみてどうか
  5. 2.1実際にやってみた感想
  6. 2.2ウォレット
  7. 2.3デッキ構築するときや、バトル開始時に選べないリーダーがいるけど…?
  8. 3Pay to Win?
  9. 3.1無課金でも充分にプレイは可能なのか?
  10. 3.2カードの入手について
  11. 3.3採掘ポイントとBattlePoint(通称BP)について
  12. 3.4レアカードを手に入れるためには?
  13. 3.5レベルが上がると、取引だけでなく自分だけのオリジナルカードの作成ができるようになる
  14. 4NFTと実際のTCGについて
  15. 5まとめ

クリプトスペルズについて

クリプトスペルズについて

出典:https://unsplash.com/photos/DvZchwu20Y8

クリスペは、パッと見ではオンラインのカードゲームという印象を感じると思いますが、実際は他のカードゲームと一線を画するものとなっています。

その違いについて説明していきます。

クリプトスペルズとは?

タイトル画面

クリスペは、ブロックチェーン技術を用いたNFTというものを活用した、「NFTゲーム」です。

他のオンラインカードゲームとの違いは、NFTを活用することによって、手に入れたカードは、実際のTCGと同じように、自分で所有できるだけでなく、他のユーザーとの取引が可能となっています。

また、プレイしていく中で、NFTや仮想通貨について理解が深まるので、そういった意味でもオススメのゲームです。

NFTについて

仮想通貨

出典:https://unsplash.com/photos/FquLC11A1AI

NFTやブロックチェーンについての詳しい説明は、今回は省略します。

詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください!

あわせて読みたい
NFTとは「データに名前を書くこと」 超ざっくり・超わかりやすく解説のイメージ
NFTとは「データに名前を書くこと」 超ざっくり・超わかりやすく解説
最近テレビ等でも取り上げられているワード「NFT」ですが、説明を聞いても正直よくわからん!という方も多いのではないでしょうか。私もその一人でした。文系・デジタル音痴の筆者が、自分「でも」わかるようにたとえ話で、NFTとは何なのかをざっくり話していきます!
あわせて読みたい
【図解】ブロックチェーンとは?|NFTを支える技術の3つの特徴のイメージ
【図解】ブロックチェーンとは?|NFTを支える技術の3つの特徴
Web3.0の基盤技術、ブロックチェーンとは?今となっては暗号通貨やNFTなど、幅広く使われている技術ですが、正直よくわからん…というのが本音のところ。今回は、ブロックチェーンとは?をテーマにNFTなどへの活用例を含めて紹介します!

実際にプレイしてみてどうか

デッキ編集画面

デッキ編集画面

バトル画面

バトル画面

プレイするだけなら、アカウント作成のみでOKですが、すべての要素(カードの他プレイヤーとの取引や、新しいリーダーの解放)を行えるようにするには、他に準備しないといけないことがあります。

ですが、基本的にはチュートリアル関係を一通りプレイすればすぐに覚えられます!

※私はチュートリアルで理解できました!

実際にやってみた感想

ゲーム自体はとても入りやすく、NFTに関しても下記の「ウォレット」を用意できれば取引もできるようになる、という印象です。

基本的なルールは、チュートリアル・図書館を一通りと、初回ミッションをすべてクリアできれば、十分理解できますので、そこまで複雑ではありませんでした

カードの特性を理解できるようになれば、ブロンズのカードでも充分プレイできます

NFT要素や仮想通貨に関しては、やり方を把握できさえすれば、ある程度の取引は可能です。

ウォレット

ウォレット

出典:https://pixabay.com/photos/money-wallet-finance-cash-business-3219337/

クリプトスペルズでユーザー間でのカードの取引をするには、「ウォレット」と呼ばれるものが必要です。

ここで言う「ウォレット」は仮想通貨を入れておく財布のようなものです。

私がクリスペ上で使っているのは「Metamask」というもので、クリスペだけでなく、多くのNFTゲームでも扱われているウォレットです。

Metamaskは難しく感じるかもしれませんが、手順や扱い方を一通り学べば、難しいものではありません。

あわせて読みたい
NFTの始め方①|MetaMaskの使い方と設定を解説!のイメージ
NFTの始め方①|MetaMaskの使い方と設定を解説!
NFTアートの出品・購入やNFTゲームで遊ぶのに必須の「ウォレット」という機能。筆者もそろそろ快適NFT生活をスタートするため、ウォレットを開設しようとするも、迫りくる英語!そして謎のパスワード!誰もが一度は躓くポイントを絞って、ざっくり解説していきます!

以下の記事を参考にMetaMaskのウォレットを作成してみましょう。

PCで作成
【2022年5月最新】Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(PC編)|NFTの始め方のイメージ
【2022年5月最新】Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(PC編)|NFTの始め方
Meta Mask(メタマスク)は、NFTアートの購入に使うウォレットの一つです。NFTアートを買いたい!という方には必須のツールですが、使い方・始め方がとにかく難しいです。今回はMeta Mask(メタマスク)の使い方・始め方について簡単に解説していきます!
スマホで作成
【2022年6月最新】Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(スマホアプリ編)|NFTの始め方のイメージ
【2022年6月最新】Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(スマホアプリ編)|NFTの始め方
Meta Mask(メタマスク)は、NFTアートの購入に使うウォレットの一つです。NFTアートを買いたい!という方には必須のツールですが、使い方・始め方がとにかく難しいです。今回はMeta Mask(メタマスク)の使い方・始め方について簡単に解説していきます!

デッキ構築するときや、バトル開始時に選べないリーダーがいるけど…?

バトル開始時リーダー選択画面

実際に遊んでいると、初期では使えないリーダーがいることに気づくと思います。画像のグレーアウトしているものが使えないリーダーです。

使用できないリーダーは、下記の条件を満たすと使えるようになります。

  • 各文明の初期リーダーでそれぞれ150回勝利する(例として赤文明の「フレイラ」は「フェルトゴルド」で150回勝利)
  • 1000SPLを消費する

Pay to Win?

出典:https://unsplash.com/photos/idNOBU5k_80

クリスペは基本無料で始めることができますが、気になるのは

強いカードを手に入れないと勝ち進めるのが難しいのか?
実質的に課金は必須なのか?


ですが、課金せずとも充分に楽しめます。

無課金でも充分にプレイは可能なのか?

ゲーム自体はとても入りやすく、NFTに関してもウォレットを用意できれば、取引もできるようになります。

基本的なルールは先程述べた通り、チュートリアル・図書館を一通りと、初回ミッションをすべてクリアできれば、十分理解できますので、そこまで複雑ではありませんでした。

カードの特性を理解できるようになれば、無課金・ブロンズのカードでも充分プレイできます。

NFT要素や仮想通貨に関しては、やり方を把握できれば取引がある程度可能です。そこから仮想通貨に関しても理解ができるようになれば、より高度な取引ができるようになります。

カードの入手について

カードはミッションなどでも手に入りますが、ミッションで手に入る「レプリカ」は指定された期限を過ぎると、消滅し使えなくなります。

ですので、カードは「採掘」という機能で手に入れるのが基本になります。

「採掘」には「採掘ポイント」が必要です。

では、カードの入手について説明していきます。

採掘ポイントとBattlePoint(通称BP)について

Battle Point獲得

「採掘ポイント」は、バトル終了時に獲得するBP(画像の赤枠部分)が累計で100ポイント貯まると、「採掘ポイント」1得られ、このポイントでカードの採掘ができます。

バトルの結果に関わらずBPは得られますが、もちろん勝利したほうがより多く獲得できます。

採掘画面とチケット所持数

「採掘チケット」は「採掘」画面で使用します。

また、「採掘チケット」の所持枚数はこの画面の「チケット枚数」で表示されます。

また、「採掘ポイント」スタートダッシュミッションや、デイリー・月間ミッションのクリア特典からも得られます。
 

新規ユーザー優遇キャンペーン

ちなみにプレイヤーレベル300までは、ミッションの「新規ユーザー優遇キャンペーン」で獲得BPが2倍になりますので、プレイヤーレベルが上がるまでは、勝ち負けにこだわらず積極的にバトルをしていくことが大切です!

レアカードを手に入れるためには?

持っている称号

レアカードを引きやすくするためには、様々な条件で解除される「称号(いわゆる実績・トロフィー)」の数を増やしていく必要があります(他にレプリカでないシルバー以上のカードのレベルも、確率に影響があります) 。

レベルが上がると、取引だけでなく自分だけのオリジナルカードの作成ができるようになる

プレイヤーレベル100以上になると、

  • ブロンズカードを売却可能になる
  • カードの奉納が可能になり、奉納するとオリジナルカード作成に必要なSoulが手に入る
といったことが可能になるので、どんどん戦っていきましょう!

NFTと実際のTCGについて

実際のTCGとNFTゲームのクリプトスペルズは、どちらとも

  • カードを集めて、そのカードでプレイしていく
  • カードの発行枚数に限りがあり、レアなカードほど顕著になる
  • カードのトレード・売却可能
となっていて、大きな違いは、「紙のカード」か「データ上でのカード」と、取引方法が「金銭」か「ウォレット」であるかです。

デジタル上でのやり取りなので、馴染みづらい印象はありますが、流れを掴めるようになると、先端的なやり取りでカードゲームがより楽しめるでしょう!

まとめ

私自身、カードをコレクションする程度で、TCGに関しての経験や知識はあまりありませんでしたが、クリスペはチュートリアルなど充実していて、問題なくプレイできました。

カードの取引など他に、クリスペをより深く楽しめる要素はありますが、仮想通貨を用いるので、そこに入るのは敷居が高く感じます。 

また、より多くのカードを手に入れるためには、レベルを上げる必要があるなどもありますので、まずは楽しんでどんどんプレイしていきましょう!

気づけば、より強くなり、持つカードの種類も多くなります!

ブロックチェーンゲームの初めの一歩としては、最適なゲームだと思います。
皆さんも是非、やってみてくださいね!

TocinHash
ライター

TocinHash


▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly

関連記事

Geekly

Web3インタビュー