最も簡単なメタバースの始め方 スマホ・PCで始めるメタバース

最も簡単なメタバースの始め方 スマホ・PCで始めるメタバース

最も簡単なメタバースの始め方 スマホ・PCで始めるメタバース

メタバースを体験する上で、仮想通貨口座やVRヘッドセットが必要だと思われがちですが、実際のところ必須ではありません。本記事ではメタバースに興味がある方に向けてメタバースの意味、メタバースで出来ること、オススメサービスなどを解説していきます!

コンテンツ [表示]

  1. 1メタバースとは何か?
  2. 2メタバースの始め方|三つの誤解
  3. 2.1メタバースの誤解①:VRヘッドセットが必要
  4. 2.2メタバースの誤解②:仮想通貨口座の開設が必須
  5. 2.3メタバースの誤解③:メタバースは全く新しい概念である
  6. 3メタバースを始める三つの理由
  7. 3.1理由①:コミュニケーション
  8. 3.2理由②:ライブ・イベントの開催・参加
  9. 3.3理由③:投資・ビジネス
  10. 4メタバースの始め方|目的別オススメサービス
  11. 4.1目的①:コミュニケーション
  12. 4.2目的②:ライブ・イベントへの参加
  13. 4.3目的③:投資やビジネス
  14. 54ステップでわかるメタバースの始め方(clusterを例に)
  15. 5.1ステップ①:Clusterをインストールする
  16. 5.2ステップ②:初期設定を行う
  17. 5.3ステップ③:アバターを作成する
  18. 5.4ステップ④:イベントに参加したり、自由に行動してみたり
  19. 6メタバースを知るためのオススメ書籍三選
  20. 6.1メタバース進化論|バーチャル美少女ねむ
  21. 6.2メタバース革命|動く城のフィオ
  22. 6.3メタバース超入門|武井勇樹
  23. 7まとめ:メタバースはどこまでも自由な世界である
  24. 8免責事項

ビジネス的な視点からVR系メタバースを解説した書籍です。

『メタバース進化論』がVR系メタバースにおける社会的・心理的側面に特に力を入れた書籍であるのなら、本書は経済的側面に特に力が入っています

著者である動く城のフィオ氏はVRChat上の大規模イベントであるバーチャルマーケットの開催者であり、現在は株式会社HIKKYのCVOとして活動しています。

本書の特徴は、CVOとして上の立場からVR系メタバースでのビジネスの在り方を考察しているだけではなく、VR系メタバース上で「働く」という点にも焦点を当てている点です。

『メタバース進化論』と併せて、VR系メタバースが「もう一つ現実」であるという事実を身近に感じられる一冊です。

VR法人HIKKYについては、過去の記事でインタビューをさせていただいておりますのでこちらもご参照ください。

クリエイターが創り、クリエイターと共に生きる祭典「バーチャルマーケット」が目指す先(VR法人HIKKY様)【メタバースインタビュー】のイメージ
クリエイターが創り、クリエイターと共に生きる祭典「バーチャルマーケット」が目指す先(VR法人HIKKY様)【メタバースインタビュー】
「メタバース」という言葉が生まれたのはここ数年での出来事です。ですが一方で、それ以前から「VR」という名前でバーチャル空間上での活動はずっと行われてきていました。バーチャル空間上でのクリエイターの祭典「バーチャルマーケット」は、2018年から始まり、今日(2022年11月)では「世界最大のVRイベント」としてギネス世界記録™も取得しております。今回はそんな「バーチャルマーケット」を運営する「VR法人HIKKY」様に、バーチャルマーケットのこれまでと、HIKKY様が思い描くクリエイターを愛するメタバースの未来予想図についてお伺いしました。

メタバース革命

参考価格: 1,650円

出典: Amazon
Amazon1,650円
楽天1,650円

メタバース超入門|武井勇樹

『メタバース超入門』の魅力

  • メタバースの現状が網羅的に解説されている
  • ブロックチェーン・NFTなど関連分野にも言及されている
  • 具体例が豊富であり、メタバースをイメージしやすい

メタバース上のビジネスを概説した書籍として非常にオススメです。

本書ではビジネスサイドから冷静に、メタバースを巡る様々な事例や取り組みを網羅的に紹介しています。

注目するべき部分としてはメタバースの事例集や関連企業リストに留まらず、メタバースにおけるビジネスモデルや可能性について考察がなされている点です。

関連する概念であるブロックチェーンやNFTについても解説されているため、俯瞰的にメタバースという概念を余すことなく学習することが可能です。

過去にGAMEMOにて書評や著者である武井勇樹氏へのインタビューを書かせていただいたこともあるので、こちらも併せて参考にしていただければ幸いです。

あわせて読みたい
本当に60分でわかった「メタバース超入門」がスゴい3つの理由のイメージ
本当に60分でわかった「メタバース超入門」がスゴい3つの理由
4月27日に「60分でわかる!メタバース超入門」が発売されました。GamemoでWeb3.0の記事を書くことになってからというもの、メタバースやNFT関連の本は片っ端から読み漁ってきた筆者ですが、この本は本当にすごい!と思えたので、ご紹介させていただきます!
あわせて読みたい
【Web3インタビュー】『メタバース超入門』の作者が語るメタバースの未来 (株式会社Synamon 武井様)のイメージ
【Web3インタビュー】『メタバース超入門』の作者が語るメタバースの未来 (株式会社Synamon 武井様)
2021年に突如脚光を浴びることになった単語、メタバース。今や様々な業界、様々な企業がメタバースに参入を発表し、その範囲は非常に広範囲に及んでおります。そんな中、2022年に出版された『メタバース超入門』は、様々な業界のメタバースのユースケースを網羅的に説明した、入門者向けの1冊です。今回は、同書の著者であり、株式会社SynamonのCOOでもある武井さんに、VRとメタバースの可能性についてお話を伺いました。

メタバース超入門

参考価格: 1,254円

出典: Amazon
Amazon1,254円
楽天1,320円

まとめ:メタバースはどこまでも自由な世界である

メタバースは非常に多義的な概念であり、言葉自体が持つ意味はあまり重要ではありません。

重要なのはメタバースに何を求めているのか、という点です。

なりたい自分になるための道具としても、教育や医学領域の可能性を拓く道具としても、投資やビジネスの場としてもメタバースは有用な概念として存在します。

あらゆる可能性を包括した概念がメタバースなのです。

免責事項

※当サイトにおいて提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。

暗号資産取引に関する意思決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

マリノ
ライター

マリノ

メタバース×心理学に興味がある人間です。NFTやブロックチェーン関連のインタビュー・記事執筆も担当しており、Web3全般に関心が広がっています。最新技術の社会実装というテーマで有益な情報を届け続けたいです。ねことゲームとお城と温泉が好きです。

リンクと画像の例

Risdom事前登録受付中!

Sample Image

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」日本上陸!

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」