ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第2回

ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第2回

<第2回目>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)

株式会社crim代表取締役 竹安佐和記

株式会社crim
代表取締役 竹安佐和記


カプコン第4開発部にて『Devil May Cry』や『鉄騎』、クローバースタジオでは『大神』の開発に関わったのち、株式会社crimを設立。ディレクター兼キャラクターデザイナーとして『エルシャダイ』を制作。また、スタジオ解散後、『エルシャダイ』の著作権を取得。現在小説Elshaddaiセタ記の執筆、Steam版Elshaddaiの開発中。

竹下 和広氏

株式会社コンフィデンス
取締役 竹下 和広


 ゲーム業界黎明期のSNKに入社し、同社欧州事務所代表に就任。その後、サミー、アクレイム、イグニッション・エンターテイメント・リミテッドで海外での実績を重ね、2011年、ゼネラルマネージャーとして竹安佐和記氏とともに『エルシャダイ』を制作、発表。現在は、コンフィデンスでゲームのトータル・ソリューション事業に携わっている。

▼前回の記事はこちら

ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第1回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第1回
あれから10年――。「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)

第2回 - 僕が絵を描くのは、絵を描くのが好きだからじゃなく、相手に届けやすいから(竹安)

竹下和広(以下 竹下):それ初めて聞きましたよ。(苦笑)

竹安氏対談風景

竹安佐和記(以下、竹安):だって、絵を描いたら相手に届けやすいからやっているのであって、描くこと自体は好きじゃない。時間も掛かるし、手間も掛かる。上手い人というのは次から次へとドンドン出てくるし、CGで良いじゃんというところはいっぱいありますし。

だから、絵描きが専門という訳ではなく、何もない所から新しいものを作るのが好きな人間なんです。イノベーションが好きだから、ゲームに限らず今も色んな仕事をしていますが、誰もやっていないようなことをやるのが好きなので、それを伝えるのに絵は凄く便利なんです。

竹下:ですよね、ゲーム制作も最初は絵コンテとか作りますしね。

竹安:ある意味、世界の共通言語ですから。有名クリエイターでさえ、皆さん自分で描けないから絵で困ってたんです。そこは僕が一歩有利だったと思います。クオリティはそれほど大したものではないけど、自分で描けると伝えるのは楽で早いんです。

竹下:結局、私が竹安さんに出会ったのも、絵がきっかけでしたし。あるゲーム会社さんの有名コンテンツの一枚絵でした。

竹安:竹下さんにはそれを凄く気に入って頂きましたね。

竹下:色んな所で言ってた事なんですが、その絵を見せられた瞬間、動いて見えたんです。誰にも信じてもらえないと思いますが…。

竹安:このタイトルをやれって言われた時は凄く嬉しかったのを憶えていますし、このゲームのシンボルになるような、何だか分からないけど、「バーッと広がるものを描け」と言われました。(笑)

竹下:確かに広がりましたよ!

竹安:緑がバーっと広がっている絵を描いたら、とても評価して頂いて、それは凄く嬉しかったです。エロとかグロとか、直感的に来る感性に訴えるものではなく、感動って一番美しいじゃないですか。そこだけで認められる絵が、当時描けたことが嬉しかったですね。

竹下:私は絵を理解している訳ではないですが、一緒にゲームを作れる人を探していました。偶然か必然かはどちらでも良いけど、ご縁があったんでしょうね。波動が合ったと言うか。その絵を見た途端、金脈でも見つけた様な勢いで事務所に戻って、当時の英国本社社長に「凄い人を見つけた!」と電話をしたのを憶えています。

そして「この人に何か絵を描かせたい」と言った時に、英国本社社長から数枚のあらすじが送られて来たのが、『エルシャダイ』の素案でした。これを私が翻訳して竹安さんに渡した所から全てが始まりました。


竹安:『エルシャダイ』のベース、つまり旧約聖書がベースでした。

竹下:そうです。最初に何を描きましたっけ? アークエンジェルでしたっけ? それがまた凄く良かったんですよ。あの時の竹安さんは神がかかってました。

「ミカエル」、「ラファエル」、「ウリエル」、「ガブリエル」

*上から「ミカエル」、「ラファエル」、「ウリエル」、「ガブリエル」

竹安:イギリスが提案してきた設定に出てくるキャラクターを何枚かボードに描いたんですね。それが非常に評価されて。

竹下:はい、日本的でもないし、西洋的でもない無国籍感。何だか良く分からないけど、とても魅力的でした。確かに、これで凄い骨太のアクションゲームが作れるのかという意見もあったのですが、そこが新しいし、面白いんじゃないか!と英国本社社長と押し切りました。

英国本社社長の懐の深さと新しいものを作りたいと言う熱量が私と竹安さんの中でも自然と理解出来ましたし、当時の我々はとにかく、イグニッションらしいエンターテイメントを目指していて、漸くそれを見つけたという気持ちでした。

今回はここまで!次回は…『エルシャダイ』世界観にも繋がる竹安氏が作品に求めるものとは

ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第3回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第3回
<第3回目>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)

GAMEMO豪華対談記事はこちら

ゲーム、アニメ、コミック、映画… あらゆるメディアに向けてワンストップでコンテンツを制作! あまた株式会社代表・高橋氏が目指す未来と、そこに至るまでの不思議な経緯とは?-第1回のイメージ
ゲーム、アニメ、コミック、映画… あらゆるメディアに向けてワンストップでコンテンツを制作! あまた株式会社代表・高橋氏が目指す未来と、そこに至るまでの不思議な経緯とは?-第1回
『どこでもいっしょ』のディレクターから、オンラインゲームの運営、ガラケーのゲーム開発などを経て自ら起業!スマホからコンシューマー、VRゲームなどオールジャンルのゲームを開発するあまた株式会社が、映像、コミックなど、ゲーム以外のコンテンツを制作する理由や、その先にある未来の姿について、高橋社長に熱く語っていただきました。今回は7回の連載に分けてお送りします。(聞き手:コンフィデンス取締役 竹下和広)
株式会社91Act代表/株式会社HYDE開発統括 長谷川 仁氏インタビュー  新作スマホゲーアクション「BanBan Rabbit!」が目指す新しいカジュアルゲームとは!?  - ガメモのイメージ
株式会社91Act代表/株式会社HYDE開発統括 長谷川 仁氏インタビュー  新作スマホゲーアクション「BanBan Rabbit!」が目指す新しいカジュアルゲームとは!?  - ガメモ
『影牢』シリーズや『零 zero』シリーズなどの人気シリーズに携わってきた長谷川 仁氏。現在、氏は中国のゲームメーカー91Actの日本での代表として活躍している。そんな氏に中国のゲームクリエイターたちとタッグを組んだ経緯と新作「Banban Rabbit!」についてインタビューした。
オンラインプログラミングスクール「テックスタジアム」を運営する株式会社LYUS 代表取締役 高島 星英氏インタビュー(前編)  - ガメモのイメージ
オンラインプログラミングスクール「テックスタジアム」を運営する株式会社LYUS 代表取締役 高島 星英氏インタビュー(前編)  - ガメモ
2ヶ月間という短期間かつ9万円という価格で、UnityコースやUnreal Engine4コースなどゲームプログラミングの基礎から応用までを学べるオンラインスクール「テックスタジアム」。この事業を立ち上げた「株式会社LYUS」の代表取締役である高島星英氏にお話を伺いました。 前編となる今回は、オンラインプログラミングスクール事業を始めた経緯とゲーム業界が抱えるエンジニア不足について語っていただきました。
スマホゲーム『戦国RENKAズーム!』プロデューサー花澤雄太氏インタビュー これからのエンタテインメント業界で目指していく場所とは?のイメージ
スマホゲーム『戦国RENKAズーム!』プロデューサー花澤雄太氏インタビュー これからのエンタテインメント業界で目指していく場所とは?
2020年9月からサービスが開始された『戦国RENKAズーム!』。台湾のゲーム会社Outstanding Cayenne社が制作したこちらのゲームの日本でのプロデューサーを務めている花澤雄太氏。『刀剣乱舞 -ONLINE-』のプロデューサーを始め、人気作品を数々手掛けている花澤氏にプロデューサーとして影響を受けたエピソードや、「プロデューサー」という仕事についてお話をうかがいました。

関連記事

人気記事