ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-最終回

ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-最終回

<最終回>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)

株式会社crim代表取締役 竹安佐和記

株式会社crim
代表取締役 竹安佐和記


カプコン第4開発部にて『Devil May Cry』や『鉄騎』、クローバースタジオでは『大神』の開発に関わったのち、株式会社crimを設立。ディレクター兼キャラクターデザイナーとして『エルシャダイ』を制作。また、スタジオ解散後、『エルシャダイ』の著作権を取得。現在小説Elshaddaiセタ記の執筆、Steam版Elshaddaiの開発中。

竹下 和広氏

株式会社コンフィデンス
取締役 竹下 和広


 ゲーム業界黎明期のSNKに入社し、同社欧州事務所代表に就任。その後、サミー、アクレイム、イグニッション・エンターテイメント・リミテッドで海外での実績を重ね、2011年、ゼネラルマネージャーとして竹安佐和記氏とともに『エルシャダイ』を制作、発表。現在は、コンフィデンスでゲームのトータル・ソリューション事業に携わっている。

▼これまでの記事はこちら

ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第1回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第1回
あれから10年――。「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第2回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第2回
<第2回目>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第3回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第3回
<第3回目>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第4回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第4回
<第4回目>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第5回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第5回
<第5回目>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第6回のイメージ
ゼロから『エルシャダイ』の制作に関わった二人が再会! 『エルシャダイ』の10年とマルチクリエイター・竹安佐和記のこれからについて訊く!-第6回
<第6回目>「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」など印象的なセリフ、独特の世界観、魅力的なキャラクターたちが話題を呼んだ『エルシャダイ』の立ち上げからスタジオの解散までを知る竹安佐和記氏が、今だから話せる『エルシャダイ』の真実。その後の10年間と、これから竹安氏が目指す未来について話を伺った。(聞き手:コンフィデンス 取締役 竹下和広)

最終回- 『エルシャダイ』の10年後の姿は「神のみぞ知る」(竹安)

竹下和広(以下 竹下):『エルシャダイ』の10年後は、「神のみぞ知る」か、竹安さんっぽいですね。10年後も二人共元気で、もし何かあったら、協力しますよ。

竹安佐和記(以下、竹安):まあ、老害にはなりたくないですね。

理想を言ったら、エルシャダイも若い人たちが一緒にやりたいと言ってくれたら嬉しいです。一番はそれですね。若い人に見てもらう。物語がゲームでは途中だったのでそのあと“エルシャダイ原作小説”として、全部書き上げているんです。

Amazonレビューも良いので、新しくファンになってくれる人が毎年いるんです。お店もやってるから会いにきてくれたりもするんです。そういう人の中から力のある人が出てくれたら嬉しいし、そう言う若い人に認められたいというのが凄くあります。

エルシャダイ原作小説

参考価格: 1,260円

出典: Amazon
Amazon1,260円
楽天

最近嬉しいのは、後発で知った若い彼らがエルシャダイを見ても、古いとは誰も言わないことです。
何これって、みんな言います。(笑)

今、そのエルシャダイ原作小説を挿絵増強、追加エピソードを足した“Elshaddaiセタ記”というのも出しているので興味ある人は読んでみてください。

Elshaddaiセタ記(1)

参考価格: 1,080円

出典: Amazon
Amazon1,080円
楽天

竹下:10年後の竹安さんは、ビジネスマンなのですか、それともクリエイターですか?

竹安:どっちですかね?死を待つ迄の間に有効な時間潰しをしているだけなので。本当に人生は時間潰しですよ。死んだ後の方が面白いんじゃないかと思う。

竹下:達観ですね!

竹安:死んだ後で確実に言えることは、事業から解放されるじゃないですか。アニメで起こってるようなことが全部できるような世界が、死んだ後にあるんだろうなと思っているので。本当に人生は時間つぶしだなと。二十歳くらいから思ってます。おかげで、ひどい目にもいっぱいあってますけどね。(笑)

竹下:何で悩んでいるんだって馬鹿らしくなってくることとかありますしね。元気に、何が起こるか分からない未来にワクワクしながら、退屈な人生が見えたら、終わらせる。何故なら人生は壮大な時間潰しだから。

死んだ後の方がワクワクなんて言う竹安さんに最後にもう一つ時間潰しの話を聞いて終わりにしますが、今後、絵を描く事はもうないですか? 


竹安:いや、ないとは言えないし、あるっちゃありますが、言えないだけです。

僕の場合は、コンセプターみたいな感じで依頼されるので、絵を描いてるうちに、じゃあそれで行きましょうとなるので嫌だなあとつくづく思います。常に、誰か上手い人が描いてくれないかなと。

竹下:それは原案として描いたものが、いつの間にか公式になるのが嫌だと? 

竹安:その方がお金的にも楽じゃないですか。安く済むし、二人分払わなくていいし。そういうことが見えちゃうじゃないですか。それが嫌ですね。

上手い絵描きなんて、いっぱいいるじゃないですか。そういう人と仲良くできたらなとは思いますよ。でも、絶対に仲良くならないだろうな。何故か僕は彼らと会話が合わないんですよ…税理士さんとは仲良く出来るんですがね。(苦笑)

冗談抜きで、オーダーがあったら全力で応えたいなとは思います。

竹下:ゲームが軸とかは関係なくですか?

竹安:まあ、小説を書いたりもしているので、ゲームの軸は関係ないですね。

何でも良いです。何の枠にも捉われないです。そもそもチャンスがそれほど転がってないですしね。気が付いたら何でも出来るようになってしまってたので。

エルシャダイもそうですが、クライアントのオーダーに応えるタイプなので。でも、営業はそれほどしないというか下手なんです。だから、ご依頼頂いたものについては、全力で応えることにしています。

先々、自分はこうしたい、ああしたいというのは特にないです。ただ、僕にご依頼頂ければ、変わった提案は出来ると思いますよ。(笑)

竹安氏対談風景

竹下:なるほど、それはそれで楽しみにしておきます。

Steam版の発売を機に、10年の区切りを終える「エルシャダイ」。私はStsam版以降の「旅」が始まる予感もします。その時はライセンス・ビジネス周りでまた、お手伝いしたいと思います。

今日は長い時間有難う御座いました。Steam版発売の際にはまた何かしましょう!

竹下&バカタールのアフタートーク

加藤:お二人の『エルシャダイ』の裏話が聞けて、感無量でした。

竹下:竹安さんとはスタジオの立ち上げから、畳むところまで一緒でした。

加藤:お二人にとって、記憶に残る、濃密な時間だったんでしょうね。

竹下:はい、映画に出来ますよ(笑)またしても、書けない話も含めていろいろな話が出ましたが、面白いこともたくさんありました。

加藤:ジーパンの話とか…。

竹下:新品がメルカリにあったり、今でもお持ちの人がいるのには、驚きました。

加藤:「10年で終わり」って言ってましたが、僕は終わらない方に3000点!

竹下:終らせませんよー

竹下氏バカタール加藤氏アフタートーク

GAMEMO豪華対談記事はこちら

ゲーム、アニメ、コミック、映画… あらゆるメディアに向けてワンストップでコンテンツを制作! あまた株式会社代表・高橋氏が目指す未来と、そこに至るまでの不思議な経緯とは?-第1回のイメージ
ゲーム、アニメ、コミック、映画… あらゆるメディアに向けてワンストップでコンテンツを制作! あまた株式会社代表・高橋氏が目指す未来と、そこに至るまでの不思議な経緯とは?-第1回
『どこでもいっしょ』のディレクターから、オンラインゲームの運営、ガラケーのゲーム開発などを経て自ら起業!スマホからコンシューマー、VRゲームなどオールジャンルのゲームを開発するあまた株式会社が、映像、コミックなど、ゲーム以外のコンテンツを制作する理由や、その先にある未来の姿について、高橋社長に熱く語っていただきました。今回は7回の連載に分けてお送りします。(聞き手:コンフィデンス取締役 竹下和広)
株式会社91Act代表/株式会社HYDE開発統括 長谷川 仁氏インタビュー  新作スマホゲーアクション「BanBan Rabbit!」が目指す新しいカジュアルゲームとは!?  - ガメモのイメージ
株式会社91Act代表/株式会社HYDE開発統括 長谷川 仁氏インタビュー  新作スマホゲーアクション「BanBan Rabbit!」が目指す新しいカジュアルゲームとは!?  - ガメモ
『影牢』シリーズや『零 zero』シリーズなどの人気シリーズに携わってきた長谷川 仁氏。現在、氏は中国のゲームメーカー91Actの日本での代表として活躍している。そんな氏に中国のゲームクリエイターたちとタッグを組んだ経緯と新作「Banban Rabbit!」についてインタビューした。
オンラインプログラミングスクール「テックスタジアム」を運営する株式会社LYUS 代表取締役 高島 星英氏インタビュー(前編)  - ガメモのイメージ
オンラインプログラミングスクール「テックスタジアム」を運営する株式会社LYUS 代表取締役 高島 星英氏インタビュー(前編)  - ガメモ
2ヶ月間という短期間かつ9万円という価格で、UnityコースやUnreal Engine4コースなどゲームプログラミングの基礎から応用までを学べるオンラインスクール「テックスタジアム」。この事業を立ち上げた「株式会社LYUS」の代表取締役である高島星英氏にお話を伺いました。 前編となる今回は、オンラインプログラミングスクール事業を始めた経緯とゲーム業界が抱えるエンジニア不足について語っていただきました。
スマホゲーム『戦国RENKAズーム!』プロデューサー花澤雄太氏インタビュー これからのエンタテインメント業界で目指していく場所とは?のイメージ
スマホゲーム『戦国RENKAズーム!』プロデューサー花澤雄太氏インタビュー これからのエンタテインメント業界で目指していく場所とは?
2020年9月からサービスが開始された『戦国RENKAズーム!』。台湾のゲーム会社Outstanding Cayenne社が制作したこちらのゲームの日本でのプロデューサーを務めている花澤雄太氏。『刀剣乱舞 -ONLINE-』のプロデューサーを始め、人気作品を数々手掛けている花澤氏にプロデューサーとして影響を受けたエピソードや、「プロデューサー」という仕事についてお話をうかがいました。

関連記事

人気記事